お腹にガスが溜まる

お腹にガスが溜まる原因とお腹のガスを解消する方法を紹介します

お腹にガスがたまる原因は?

お腹にガスが溜まってしまう原因はいくつかありますが、一番多いのが食事の時に食物や飲物と一緒に飲みこむ空気です。特に早く食べる人やよく噛まないで食べる人は、飲み込む空気の量が多くなりガスが溜まりやすくなります。

また、炭酸飲料やビールでもガスが溜まり、暴飲暴食をした場合もお腹で異常発酵が起こってガスが発生します。他に、ストレスを感じやすい人や、運動不足、冷え性、デスクワークが多くて腸を圧迫する人なども腸の働きが鈍くなってガスが溜まりやすい状態になっています。

お腹にガスを溜めないためにはこれらの原因を取り除いて、ガスの発生と排出をバランスよくすることが大切です。

生活習慣を見直して、規則正しい食事と適度な運動を心がけましょう。食事の時はゆっくりと良く噛んで食べ、食べ過ぎないように注意し、炭酸飲料などもできるだけ控える方が望ましいでしょう。そして、疲れを充分にとってリラックスできるように睡眠も充分とることが大切です。

お腹が張るのはなぜ?

お腹が張ったと感じる時は、腸の中にガスが溜まっていることが多いようです。このガスには口から飲み込まれたものと、腸の中で発生するものの2種類があります。

げっぷやおならとなって出ていくガスは、全体の10%にも満たないほどのわずかな量に過ぎず、大半は呼吸によって排出されます。

でも、入ってくるガスや発生するガスが多すぎたり、排出されるガスが少なかったりすると、お腹にガスが溜まってしまうんです。そしてガスが溜まることによってお腹が張る、苦しい、ゴロゴロ鳴るなど不快症状が現れます。

ただ、ガスが溜まってお腹が張っても、不快に感じる人と感じにくい人がいるため、誰もが同じ症状になるというわけではありません。しかし、不快に感じないからと言ってガスを腸内に溜めたままにしておくと、内臓が圧迫された状態が続いてしまいます。

腸内のバランスが保たれている状態の時でもお腹には約200mlのガスがありますが、それ以上の量で溜まっているガスはできるだけ排出させる必要があります。

お腹にガスが溜まると痩せにくい体に

お腹がすぐに張ってしまうガス腹の人は、腸の働きも悪いため代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪くなるということは、排尿や排便、発汗などもうまくいかなくなるということで、エネルギーが溜まりやすい状態をキープすることになります。

そうすると、ダイエットで食事制限をしても体重が減るどころか増えてしまい、痩せにくく太りやすい体質を作り上げてしまうのです。

エクササイズをしてもダイエット食品を試しても全く効果がないという人は、お腹にガスが溜まっているのかもしれません。

ダイエットをするよりもガス腹解消のために規則正しい生活を身につけ、運動不足を解消しましょう。そしてできるだけ腸の動きを活発にするために、肉を食べ過ぎたり偏食したりせず、野菜や穀物などの食物繊維を摂って腸の中の善玉菌を増やすように心がけましょう。

そしてその健康な体作りのため、腸にガスを溜めないようにすることがダイエットにも有効なんです。